HOME > エトセトラの本棚 > 小説・エッセイ

 本棚:小説・エッセイ


読み出したら止まらない!
絵空事といえばそれまでなのに、どうして小説というものは、
こんなにも魅力的なんでしょう!!

至福の随筆・エッセイと共に、お届けします。

「みをつくし料理帖」シリーズ*詳細ページへ


「みをつくし料理帖」シリーズ

  高田郁 *著 / 角川春樹事務所

主人公の澪が 次々と襲ってくる“艱難辛苦”を乗り越え、温かな人たちとご縁を結びながら 料理人として腕を磨き成長していく、とても素敵な時代小説シリーズ♪お話は連作短編集となっていて、1話読み終えるたびに、心がほっこり温かくなります.:*・゜

「みをつくし料理帖」シリーズ*詳細ページへ
体質と食物 健康への道*詳細ページへ


体質と食物 健康への道

  秋月辰一郎 *著 / クリエー出版

幼少の頃からの多病虚弱を自ら克服したいとの思いから医師を志し、長崎で被爆されたにもかかわらず 89歳の大往生を遂げられた医師の秋月辰一郎さんが、自ら手探りで導き出された“食と健康”についての数々の貴重な考察がまとめられた1册.:*・゜

体質と食物 健康への道*詳細ページへ
講談社ミステリーランド -かつて子どもだったあなたと少年少女のための*詳細ページへ


講談社ミステリーランド

  祖父江慎+阿部聡/安藤智良(cozfish)*装丁 / 講談社

「講談社ミステリーランド」は、“かつて子どもだったあなたと少年少女のための”ミステリー小説シリーズ♪ 作家さん×イラストレーターのコラボレーションが 素晴らしく豪華で、その組み合わせの妙も毎回のお楽しみ!どうぞご堪能ください.:*・゜

講談社ミステリーランド -かつて子どもだったあなたと少年少女のための*詳細ページへ
フローラ逍遥*詳細ページへ


フローラ逍遥

  澁澤龍彦 *著、中島かほる *装幀 / 平凡社

雑誌「太陽」での連載「弄筆百花苑」に一篇を加筆、澁澤龍彦さんの記憶の中にゆらめく 25の花(フローラ)について まとめられた生前最後の御本… 内外の美しいボタニカルアートが彩りを添え、きらきらとした装幀もとても素敵な1册です.:*・゜

フローラ逍遥*詳細ページへ
小径の向こうの家 -母 ターシャ・テューダーの生き方*詳細ページへ


小径の向こうの家 母 ターシャ・テューダーの生き方

  ベサニー・テューダー *著、食野雅子 *訳 / メディアファクトリー

ターシャ・テューダーさんの生い立ちから “地上の楽園”を創り上げるまでを、長女であるベサニー・テューダーさんが語り伝えてくれた1册 …写真も盛りだくさんで愉しめ、まるで家族のアルバムを見せてもらっているような読み心地です.:*・゜

小径の向こうの家 -母 ターシャ・テューダーの生き方*詳細ページへ
日のあたる白い壁*詳細ページへ


日のあたる白い壁

  江國香織 *著 / 白泉社

1章ごとに「いちまいの絵」が、画家のその人となりの雰囲気までもが親しみ深くふわりと届けられるような感じで紹介されている江國香織さんのエッセイ…絵のラインアップもとっても素敵!

日のあたる白い壁*詳細ページへ
ママ・アイ ラブ ユー*詳細ページへ


ママ・アイ ラブ ユー

  W・サローヤン *著、岸田今日子・内藤誠 *訳、黒井健 *カバー / 新潮社

ママ・ガールとキラキラヒメ、大の仲良し母娘2人組が夢を追ってニューヨークへ!始まった波瀾万丈で素敵な日々を、キラキラヒメが少女独特の瑞々しい感性でスケッチ風に報告してくれる愛すべきお話.:*・゜サリンジャー氏の作品がお好きな方にもお薦め

ママ・アイ ラブ ユー*詳細ページへ

かわいい魔女*詳細ページへ


かわいい魔女

  新川和江、白石かずこ、立原えりか、筒井康隆、佐野洋*著、
  水森亜土*装画*イラストレーション / 新書館*フォアレディースシリーズ
         

フォアレディースシリーズではおなじみの女性陣に加え、筒井康隆さん、佐野洋さんが参加!“かわいい魔女”をテーマに作品が寄せられたオムニバス形式の短編集…水森亜土さんのキュートなイラストもどうぞお楽しみに♪

かわいい魔女*詳細ページへ

美術館感傷旅行 45通の手紙*詳細ページへ


美術館感傷旅行 45通の手紙

  海野弘 *著 / マガジンハウス          

海野弘さんが、主に個人美術館を中心に日本各地を巡り、訪ねた45館の美術館探訪記…さまざまな視点から想いを巡らせる楽しみにも満ちた、読みごたえたっぷりの1册です

美術館感傷旅行 45通の手紙*詳細ページへ
いのちの食卓*詳細ページへ


いのちの食卓

  辰巳芳子 *著 / マガジンハウス

辰巳芳子さんが、「食べることと生きること」について、さまざまな観点から思いを託された真摯な1册…語り下ろし、または講演を元に加筆訂正されたものなので、語りかけるような文章でとても読みやすく、お忙しい方にもお薦めです!レシピもありますよ♪

いのちの食卓*詳細ページへ

おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記*詳細ページへ


おむすびの祈り 「森のイスキア」こころの歳時記

  佐藤初女 *著 / 集英社          

“食はいのち”という信念のもと、「森のイスキア」を主宰…自分の力ではどうすることもできない悩みや苦しみを抱える人たちを迎え、手料理を供されている佐藤初女さんの生と死のとらえ方、暮らしの中で感得された大切な“気づき”を伝えてくれます.:*・゜

おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記*詳細ページへ

バナナは皮を食う 暮しの手帖*昭和の「食」ベストエッセイ集*詳細ページへ


バナナは皮を食う 
       暮しの手帖 * 昭和の「食」ベストエッセイ集


  檀ふみ *選、暮しの手帖書籍編集部 *編者
  村橋雅之 *装丁、あずみ虫 *装画、花森安治 *挿画 / 暮しの手帖社
         

昭和23年発行の「暮しの手帖」創刊号から昭和32年にかけて誌面を飾った食にまつわるエッセイがまとめられたアンソロジー…関東大震災、第二次世界大戦... 厳しい時代を生き抜いた人々がそれぞれに味わった食の思い出、蘊蓄が語られています.:*・゜

バナナは皮を食う 暮しの手帖*昭和の「食」ベストエッセイ集*詳細ページへ

説得*詳細ページへ


説得

  ジェーン・オースティン *著、大島一彦 *訳 / キネマ旬報社          

自分の決断が、心から愛情と信頼を寄せている人によって反対されたらどうしますか…? 『説得』は、恋についての物語だけれども、主人公アンの自分の決心に対する向き合い方には、恋に限らず学ぶべきものがたくさんあります

説得*詳細ページへ

忘れやはするミス・ニューヨーカー*詳細ページへ


忘れやはするミス・ニューヨーカー

  常盤新平 *著、佐藤憲吉 *表紙・装画 / 新書館 / FL98          

ニューヨークに生きた伝説的な女性たちのこと、アメリカの小説や風俗のこと…ニューヨーク、そしてアメリカがとびきり輝いていた時代が、常盤新平さんの「憧れ」と思い入れでよりキラキラと伝わってくる充実の1册!装幀の期待通り、1920年代の話も♪

忘れやはするミス・ニューヨーカー*詳細ページへ

レターズ・フロム・へヴン*詳細ページへ


レターズ・フロム・へヴン

  作者* レイチェル・アンダーソン、訳者* 江國香織、画家* 荒井良二
  講談社
         

ちいさな女の子が、大好きなおばあちゃんの死を受け入れることができるようになるまでの様子が、天国のおばあちゃんと女の子の文通を通して優しく描かれた1册です…荒井良二さんの心温まるイラストと共に、江國香織さんの素敵な訳で.:*・゜

レターズ・フロム・へヴン*詳細ページへ

主夫と生活*詳細ページへ


主夫と生活

  マイク・マグレディ *著、長新太 *絵、伊丹十三 *訳 / 学陽書房          

新聞の売れっ子コラムニストとして大満足の人生を送っていた著者が、ある日仕事を止め“専業主夫”に!なんともユーモア溢れる様子で綴られた1970年代のアメリカ発エッセイを、長新太さんの挿絵と伊丹十三さんの訳で♪

主夫と生活*詳細ページへ

乙女の港*詳細ページへ


乙女の港

  川端康成 *著、中原淳一 *挿画*装幀 / 国書刊行会          

特別な年上の友人を“お姉さま”として慕う 女学校独特の乙女文化をモチーフに、川端康成氏×中原淳一さんという 豪華なコンビから贈られた少女小説…「少女の友」連載時の挿画を贅沢に収録…端正で美しい本の創りもとても素敵です.:*・゜

乙女の港*詳細ページへ


このページのトップへ



Copyright © 2007 eclipse plus All Rights Reserved.