HOME > 食の本棚 > パトリス・ジュリアンさんに学ぶ
  > パトリス ジュリアンの幸福レシピ レストランC.F.A.の料理



  パトリス ジュリアンの幸福レシピ  レストランC.F.A.の料理 

  パトリス・ジュリアン *著、半田広徳 *撮影
  主婦の友社 / 1999.1初版 / 26.5×19.5 / 104p
  ハードカバー
  [ 商品番号 N゜s3-4-1 ]


 ¥1900         

  状態は…◎good〜○good
  カバー表面に擦れ、カバー背の上端に痛み(数ミリ
  ほど破れもあります)、本体角に痛みが見られます
  が、ページ内は全体的にきれいな状態です。
  カバー付き。





C.F.A.(サントル・フランセ・デ・ザール)は、ライフスタイルデザイナーとしてご活躍のパトリス・ジュリアンさんが初めて手掛けられた東京は白金台の一軒家レストラン。

惜しくも2004年春に閉店されてしまいましたが、決まったメニューはなく、お料理はとにかく出来立て、また、会員制を導入するなど、従来のレストラン業態にはない新しい試みで、まるでパトリス・ジュリアンさんのお宅に招かれてもてなされているような居心地だったという夢のようなレストランです。

こちらは、そんなこだわりのレストランC.F.A.で、多くのゲストたちから忘れられない味と絶賛を受けた“伝説”的なメニューの数々が、パトリスさんの哲学、店内やお料理の美しい写真、そして惜しげもないレシピと共に愉しめる1册。

南仏、北アフリカ・中東、そしてアジアと、さまざまな文化からの影響を得て生まれたお料理は、ハーブとスパイス使いで美味しさが引き出され、レシピの完成に辿りつくまでのストーリーからは、常に新しい味を求め感覚を研ぎ澄まされているパトリスさんの日々の姿勢が伝わってくるよう!

また、まさに心を尽した“おもてなし”が供されていたC.F.A.のエスプリからは、おもてなしの心や毎日の食卓で心掛けたら素敵なこと…たくさんの大切なことを教えてもらうことができますよ。

お料理は、「アミューズ・ブーシュ ようこその一皿」「国境のないアントレ、前菜」「グラニテ」「甘えん坊のスープ」「パン」「ジュリアン流 お茶の時間」「デザートタイム」「メインの料理」とカテゴリーも愉しく、充実のレシピが紹介されています。下記では、紹介されているレシピをほんの一例ですが、ご紹介していきますね。

  ししゃものピサラディエール
  豚ひき肉のタイ風サラダ
  サーモンのパスティア
  かにとアボガドの入ったかつおのタルタル仕立て
  黄すいかとシャンパンのグラニテ
  赤いガスパチョ、シェーブルチーズのブリュイヤード添え
  レモングラス風味のかに入りかぼちゃの冷たいスープ
  グリーンのピストゥスープ
  ピタパン
  C.F.A.の天然酵母パン
  スコーン
  チコリ・オ・レ
  グランマルニエ風味のクロワッサンのプディング
  りんごのタルト、キャラメリゼ仕立て
  ムース・オ・ショコラ セロリ風味
  C.F.A.のガトー・オ・ショコラ
  ヨーグルトとフロマージュ風味のお抹茶のムース
  雌ひな鶏のローズマリー風味のキャラメリゼ、
    とうもろこしのガレットとズッキーニのタリアテッレ添え
  仔羊のロースト、ハーブ風味ズッキーニのグラタン添え
  ヘーゼルナッツとハーブのポーク・メダイヨン、
    ロックフォールチーズのリゾット添え     

  etc...




 

出版社品切れ または絶版 となっています>2013年9月現在


 

パンの学校 毎日食べたいフランス風パン*詳細ページへ

パンの学校 毎日食べたいフランス風パン      

パン作りを始め、レストランで供し、やがてパンのお店まで開いてしまったパトリス・ジュリアンさんが、手探りの試行錯誤を重ねた“数年間の情熱の賜”であるオリジナルのパンたちを伝授してくれた1册♪

ビストロごはん パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ*詳細ページへ

ビストロごはん パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ      

パトリス・ジュリアンさんが毎日のごはん作りから生まれた斬新な創作メニューを紹介♪日本で買えるものが楽しく取り入れられた結果、“ジャパニーズアクセント”がプラスされたフレンチとなっています!

⇒[パトリス・ジュリアンさんに学ぶ]の本棚へ戻る
⇒[料理研究家に学ぶ]の本棚へ戻る
⇒[おもてなし大好き]の本棚へ戻る

このページのトップへ



Copyright © 2007 eclipse plus All Rights Reserved.