HOME > 特集の本棚 > イギリス料理 > ミセス・ギフォードのイギリスパイとプディング



   ミセス・ギフォードのイギリスパイとプディング

  ジェーン・ランザー・ギフォード *著*スタイリング*撮影
  文化出版局
  1998.12 初版 / 23×19.5 / 92p
  ソフトカバー
  [ 商品番号 N゜s1-2-4-2 ]


 ¥1300          

 状態は…○good〜△good
  カバー表面に擦れ・角や端に少し痛み・袖の上下端に
  薄ら焼け、カバー裏表紙に多少のくすみ感・端に薄ら
  焼け、ページ切り口上(天)に薄ら多少のシミ、カバー
  裏側端にかけてと本体端に所々薄ら多少のシミ、
  ページ下端に少し痛み、表紙見返しに小さなシミや
  薄ら少しシミ、ページ端に薄ら焼け、ページ上端に薄ら
  少しシミが見られるページがあります。カバー付き。





スコットランド人のご主人のお仕事に伴い来日後、駐日英国大使館づきのフード&ドリンクアドバイザーとして、“とかく評判の悪いイギリス料理の名誉回復とイギリス食品の普及”にご活躍のジェーン・ランザー・ギフォードさんが、パイとプディングにこだわって母国のお料理を紹介してくれました♪

“パイとプディングといっても、皆さんが想像するほど単純に分類したり言い切ったりできるわけではなくて、一つの言回しがいくつかの違うものを指したりします。だから、この本でパイ、プディング、タルト、タルトレット、フラン、ペストリー、パフ、クラスト、クランブル、バッターなどといろいろな言い方をしていても、どうか混乱しないでください。それらは単にそれぞれの料理や生地の名前にすぎないのですから。”…とまえがきにある通り、バリエーション豊かなお料理やお菓子が紹介!詳しくは、下記でご紹介していきますね。

他、基本のペストリーのコーナー(ショートクラストペストリー/リッチショートクラストペストリー/お湯で作るペストリー)もあり、ペストリー作りと季節の関係など実践的なお話も♪代用のアイディアや、市販のパイシートが使われているレシピも多いです(市販品を使う場合のアドバイスも♪)。また、基本として、「味と香りのいいチキンストック」の取り方、イギリスの調味材料のお話(スパイス、マスタード、塩、ビネガー、チーズ、砂糖、ハーブ)も♪

また、夏休みとクリスマスを過ごされるスコットランドの邸宅も紹介されていて、とっても素敵です.:*・゜
(ちなみに、ギフォードさんは、イギリス人にとってのパイやプディングは、日本人にとっての“おにぎりやたこ焼き”のようなものと書かれていて( ! )、興味深かったのですが、確かに、スコットランドでのピクニックの様子などを拝見すると、パイやプディング=おにぎりというのは言い得て妙だなあと印象に残りました!)

どうぞご堪能ください.:*・゜

* 甘くないパイ(セイボリーパイ)
   コーンウォール地方のパイ
   牛肉とビールと玉ねぎのパイ
   スパイス入りポークとアプリコットのパイ
   豚肉とハムのパイ
   ミートローフ
   悪魔のチキンパイ
   たらとケイパーのパイ
   サーモンのフィッシュケーキ
   サーモンのパイ包み
   ムール貝とかきとえびのスープパイ
   かにのタルトレット
   オニオンタルト
   マッシュルームとアーモンドのパイ
   リークパイ
   ほうれん草のフラン
   羊飼いのパイ
   ポテトとオニオンとチーズの熱々パイ
   チェダーチーズ入りロールパン
   カレー風味のエッグパイ
   ソーセージのパイ(トッドインザホール)

* 甘いパイとプディング
   ブレッド&バタープディング
   ベークウェルタルト
   アップルパイ
   りんごとシナモンのプディング
   レモンメレンゲパイ
   レモン入り蒸しプディング
   アプリコットとアーモンドのクランブル
   サマープディング
   カスタードのタルト
   ジンジャープディング
   マーマレードプディング
   ミンスパイ
   クリスマスプディング





 

出版社品切れ または絶版 となっています>2016年10月現在


 

私の英国料理*詳細ページへ

私の英国料理

大原照子さんが、1974年より4年間に渡るイギリス留学で得たレシピを盛りだくさんで紹介…地方料理が充実しているところも素晴らしく、文章も大充実で、英国の食文化を紹介したい!という熱意に溢れた、まるで英国へ宛てたラブレターのような1册.:*・゜


イギリス菓子のクラシックレシピから*詳細ページへ

イギリス菓子のクラシックレシピから

長谷川恭子さんが、古書を“読みあさる”なかで出逢ったレシピから、試作を繰り返し完成したお菓子を紹介…お菓子の歴史や背景、語源などのエピソードも紹介されていて、読み物としても興味深く、著者紹介欄に“学究肌”とあるのも納得の読み応え♪


⇒[イギリス料理]の本棚へ

このページのトップへ



Copyright © 2007 eclipse plus All Rights Reserved.