暮しの手帖 300号記念特別号 保存版

暮しの手帖 300号記念特別号 保存版

暮しの手帖社
2002.12 / 28×21.5 / 304p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf2-20-1 ]

sorry... sold out
  • 伝えた側と、読んだ側。この二つの気概が支え、築いてきた「暮しの手帖」の半世紀。
  • 花森安治のグラフィックアート
    • ポスター、装丁、表紙、新聞、年賀状
    • 字の呪力 天野祐吉
  • アンケート特集 『暮しの手帖』は日本人の生き方をこう変えた 三十七人が受け止めた『暮しの手帖』
    • 山田太一、増田明美、安野光雅、小山内美江子、内館牧子、石井好子、なだいなだ、ジェームス三木、岡部伊都子、むのたけじ、有吉玉青、浅井慎平、出久根達郎、山田洋次、森英恵、小栗康平、大宅映子、清水哲男、安部譲二、熊井啓、土井たか子、宮尾登美子、久田恵、熊井明子、吉岡忍、林真理子、内海隆一郎、池内紀、和泉雅子、サトウサンペイ、下重暁子、常盤新平、加藤仁、松本幸四郎、菊竹清訓、ねじめ正一、桐島洋子
  • 時代を象徴するあの記事、このテーマ
    • 温故知新、エッセイから伝わる暮らしの真髄
      • 背広 扇谷正造
      • 足袋 川端康成
      • 化粧について 野間広
      • 和服今昔 円地文子
      • わが工夫せるオジヤ 坂口安吾
      • わが母の記 佐藤春夫
      • 細君料理 獅子文六
      • 茄子の気持 草野心平
      • みそ汁 荒垣秀雄
      • 烏賊の墨煮 堀口大學
      • 巴里の自炊 石井好子
      • 離島の味 檀一雄
      • わたくしの台所 小倉遊亀
      • 暮しのデザイン 田中千代
      • アパート暮し 浅沼稲次郎
      • 地獄極楽図 田宮虎彦
      • 生活と美 柳宗悦
      • 楽しむもよし 楽しまぬもよし 福田恒存
      • 雑話 幸田文
      • バラは貰うべし 飯沢匡
      • おせっかいの年代 沢村貞子
      • 樹を植える 大佛次郎
      • 病床詩集 高見順
      • 木のこと 井伏鱒二
      • やりくりの記 東久邇成子
      • いづれ菖蒲とひきぞわづらふー話 吉川英治
      • 虚栄について 三島由紀夫
      • 小泉叉さんの家 緒方竹虎
      • 理想新年 中川一政
      • 名前について 阿川弘之
      • 人を歐った話 志賀直哉
      • 月遅れのお盆 田中角栄
      • 不まじめ人間 曽野綾子
      • チャックは急に止まらない 坂本九
      • 手前味噌 里見◇(とん)
    • 実用記事が伝えたかったこと
      • 焼跡の煉瓦で作った炉端
      • お料理いろはかるた 中江百合
      • 座る暮しから腰掛ける暮しへ 伊藤憲治
      • 生きているエチケット/生きているエチケット(続)
      • 京都のしもたや 清水一
      • しつけについて 浦松佐美太郎、花森安治
      • かつぎや(ある日本人の暮し)
      • 駄菓子やの店先で
      • 君たちは大きくなったら なにになりたいか
      • いちばんぜいたくな昼食
      • 有料道路をタダにするのは、もうすこし先にのばして
      • お母さんの共かせぎは是か非か
      • テレビの放映時間を短くしよう
      • この大きな公害
      • たばこをのみはじめた息子に与える手紙
      • 愚かなりわが買物
      • 戦争中の暮しの記録
    • 花森安治の仕事
      • 第一期 工夫とアイデアで豊かな生活を提案
      • …風俗の手帖
      • …お金の上手な使い方 こんな話、あんな話
      • 第二期 商品テストが雑誌の顔になった
      • …編集者の手帖
      • …あの頃の商品テスト<抄録>
      • …風の吹く町で
      • …日本紀行〈神戸〉 etc...
      • 第三期 社会の矛盾を鋭くえぐる花森批評
      • …番組提供者の責任について
      • …未来は灰色だから
      • …これは困るというテレビ番組に投票して下さい
      • …二十八年の日日を痛恨する歌
      • …もう、時間はいくらも残っていない
      • …もしも落ちたら
      • …ぼくは、もう、投票しない
      • …早春と青春(食前食後より)
    • 花森安治の意思を受け継いで
  • 特別寄稿 もし花森安治が生きていたら
    • アリスの丘からこんにちは 森村桂
    • 困ったおっさんだ、まったく、肝腎なときにいてくれないんだから 黒田恭一
    • 生きるための手帖 西川右近
    • 大石内蔵助と花森安治の共通点 矢萩春恵
    • 美意識の人 阿刀田高
    • 花咲く森を求めて 竹田真砂子
    • 目には目を 池部良
    • 『暮しの手帖』と私 松本路子
    • 不遇の人 花森安治 山本夏彦
  • <特別編集> 眺めてたのし 花森安治のカット
  • 年表

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年4月現在

保存版 3 「花森安治」

保存版 3 「花森安治」

暮しの手帖社
2004.1 / 28×21.5 / 312p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf2-20-3 ]

sorry... sold out
  • 花森安治とはなんだろう
    • 思考と物と実践 黒井千次
    • 花ざかりの森 久世光彦
    • 戦後の混乱に咲いた花 萩原葉子
    • いい線いってるね サトウサンペイ
    • ボツ原稿の思い出 倉嶋厚
    • 古本屋の花森評 出久根達郎
    • 山口瞳を経由して私が花森安治に学んだこと 坪内祐三
    • 日本の「モノづくり」文化と非転向 松本健一
    • ふたたび消えそうな「暮らし」 大庭みな子
    • 同時代人の見た花森安治
    • …池島信平、扇谷正造、柴田錬三郎、中原淳一、戸板康二、森茉莉、山口瞳、鶴見俊輔
  • 花森安治の履歴書
    • 出生~中学 1911~1930
    • 高校生活 1930~1933 
    • …挽歌(かなしみうた)、鎖骨ノ感覚、實驗室
    • 大学・結婚・従軍 1941~1945
    • …花森安治における青春と戦争(抄) 杉森久英
    • …脚本 宝塚歌劇「明るい町 強い町」(抄)
    • 「暮しの手帖」まで 1945~1948
  • 花森安治のしごと
    • カバードローイング
    • カット&イラストレーション
    • ブックデザイン
    • エッセイセレクション
    • 焼け野原の花咲かじいさん 太田治子
  • わたしの花森安治
    • 川上弘美、常盤新平、山中恒、河合隼雄、永六輔、内海桂子、黒沢和子、安野光雅、小田マサノリ、巌谷國士、椹木野衣、大宅映子、黒木和雄、向田和子、中野翠、岸本葉子、えのきどいちろう、藤竹暁、まついなつき、黒田杏子、高橋睦郎
  • 花森伝説の舞台裏
    • 花森語録
    • 花森安治 マル秘エピソード
    • ドキュメント!「水かけ論争」 河津一哉
  • 花森安治と広告
    • 中吊広告
    • 書店店頭用広告
    • 新聞広告
    • 花森さんと広告 天野祐吉
    • 新聞広告の舞台裏
  • いま編集者が見る花森ジャーナリズム
    • 対談 花森安治と「暮しの手帖」から何を学ぶか 藤本やすし×斎藤和弘
    • 同業者として、ライバルとしての花森安治氏 三枝佐枝子
    • 花森安治はケータイをどう扱うのか 渡邊直樹
    • 花森安治とエディトリアル・スピリット 赤田祐一
    • 若い者だってあの熱さにはあこがれる 山内宏泰
    • 徹底的にわかりやすいデザイン 新谷雅弘
  • 拝啓 花森安治さま!(読者の皆さんからの投稿コーナーです♪)
  • 花森安治年譜

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年4月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む