メアリー・ポピンズのお料理教室

メアリー・ポピンズのお料理教室

P・L・トラヴァース *作
メアリー・シェパード *さし絵
モーリス・ムーアベティ *料理監修
鈴木佐知子 *訳
石黒紀夫 *装丁・レイアウト
文化出版局
昭和52年初版・55年18刷 / 22×16 / 135p
ハードカバー
[ 商品番号 N゜sf11-3 ]

sorry... sold out

家の人たちはみんな出掛けてしまうし、肝心のばあやまでいなくなってしまうなんて!一体全体1週間も、どうすればいいの?
でも大丈夫。バンクス一家にはメアリー・ポピンズがついています!
もちろん子ども達もお手伝い。小さなバーバラだって「あたちも!」と名乗りを挙げます。

おとうさんもおかあさんもばあやまでいないなんて!
子ども達はいつもとは違う冒険がはじまりそうな予感に、なんだかわくわく…。

そんな1週間のお留守番の様子が、お話と献立で。
サブタイトルにある通り‘おはなしつき料理の本’となっています。

お話のあとは、メアリー・ポピンズのお料理ノートをちょっと拝見!という趣向で、ルーズリーフのカードをめくっているような洒落たデザインのページに、一日のうちで一番のご馳走をお昼にたっぷり食べていた頃の伝統的なイギリス家庭料理のレシピがたくさん紹介されています。

例えば、「ごちそうになるもの」では、アイリッシュ・シチュー、羊飼いのパイ、ランカシャー風ラムの煮込み、ローストビーフ、「つけ合せとソース」では、ダンプリング、ヌードルのバターあえ、焼きトマト、ヨークシャー・プディング、「パン」では、ウェルシュ・レアビット(チーズトースト)、星の形のジンジャーブレッド、「お食後になるもの」では、あんずのピューレ―、グーズベリーの生クリームあえ、トライフル、バターつきパンのプディング、「ケーキとクッキー」では、エンゼルケーキ、王さまのケーキ、さかさまケーキ、「飲みもの」では、エッグフリップなど。

レシピに添えられている「メアリー・ポピンズよりひと言」や、メアリー・ポピンズならではでしょうか、お子さんと一緒にお料理をする際のアドバイスなども、とても参考になりますよ。

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年4月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む