HOME > 特集の本棚 > 芸術家の食卓 > 向田邦子の手料理



  向田邦子の手料理 

  向田和子 *監修と料理製作
  講談社
  1989初版・2011. 36刷 / 25×19 / 131p
  ソフトカバー
  [ 商品番号 N゜sf10-6 ]


 ¥900           

 状態は…◎good〜○good
  カバー表面に擦れ・所々少し傷・角や端に
  少し痛みや薄ら焼け・表紙袖に目立つ皺、
  表紙遊び紙端に薄ら色褪せ、ページ端に
  薄ら焼けが見られますが、ページ内は全体的
  には経年なりにきれいな状態です。カバー付き。





テレビドラマの脚本家、また直木賞作家・エッセイストとしても知られる向田邦子さんの食を愉しむ暮らしぶりとその手料理の数々が、ゆかりの方々のエッセイ、器へのこだわりのお話、“うまいもの”の記事がいっぱい詰まった“「う」のひきだし”のお話 etc... 盛りだくさんで紹介された1册…
向田邦子さんの飾り気のない温かなお人柄、そしてその暮らしの1シーン1シーンが生き生きと伝わってくるような読みごたえが素敵です.:*・゜

“本当は、板前さんになりたかった”とおっしゃっていたという向田邦子さん…
独り暮らしでも品数多い食卓がお好きで、美味しいレシピはすぐに周りに薦め里子に出し、お店でいただいた味の再現を愉しみ、食事にお招ばれの前はよく眠り体調を整える…なんともあっぱれな食いしん坊ぶりと共に、普段召し上がっていたお料理の数々がレシピと共に紹介されています。

レシピは「とっておき・味語り」「いつものおかず・あれこれ」「酒の肴のきわめつき」というカテゴリーで紹介…
とっておきの材料を用いたお料理、余りものを用いたお料理、いろいろですが、懐かしさを感じるようなお惣菜が多く、かつお節やわさびなど基本の素材を贅沢にもちゃんとされていたというところが素晴らしい!

お料理の製作は、女性が1人でも立ち寄ることができるお店をと、姉 邦子さんと共に惣菜・酒の店「ままや」を開き、切り盛りしてらっしゃった妹さんの向田和子さん…下記で、ほんの一例ですがお料理をご紹介していきますのでどうぞご参考ください。

他、向田邦子さんの美味しいエッセイはもちろん、植田いつ子さん、加藤治子さん、黒柳徹子さんなどゆかりの方々の寄稿、器への熱中ぶりのお話、麗しいお姿が拝見できる「思い出写真帳」、また、「作家の買い物」「向田画伯・魚を描く」「盗めなかったあの味は?」「食いしん坊の芽ばえ」などコラムも充実♪
どうぞお愉しみください.:*・゜

   竹の子 焼き飯
   鶏のわさびソース
   あじの干物とポテトのサラダ
   大根のしっぽのはちみつ漬け
   みそ豆
   根三つ葉のきんぴら
   みょうがと焼きなすのみそ汁
   精進揚げの煮つけ
   クレソン炒飯
   じゃが芋スープ
   ピーマンと油揚げ
   なすの蒸し物
   しいたけときゅうりのごまあえ
   ザーサイ・セロリ・きくらげのいため物
   キャベツの即席漬け風サラダ
   いり豆腐
   うなぎのおろし蒸し
   牛肉のごまじょうゆ焼き
   鶏肉のレモン風味いため
   切り干し大根と鶏肉の炊き合わせ
   のり吸い
   枝豆のしょうゆ煮
   かぼちゃの塩蒸し
   焼きこんにゃくのゆずみそ
   鶏のしそ焼き
   サーモンと玉ねぎのグレープフルーツあえ  etc...




 

ただいま流通中です >2016年8月現在
⇒ Amazon でもお求めいただけます♪


 

もう一度食べたい昭和の味 別册「暮しの手帖」60周年記念号*詳細ページへ

もう一度食べたい 昭和の味      

こちらに掲載の「向田邦子の食卓 寺内貫太郎一家に託されたもの」で、食卓を丹念に描いたことでも話題になったテレビドラマ「寺内貫太郎一家」における朝ごはんのシーンについて、考察されています♪

⇒[芸術家の食卓]の本棚へ戻る

このページのトップへ



Copyright © 2007 eclipse plus All Rights Reserved.