HOME > 特集の本棚
  > 折る、贈る。
  > 礼のかたち



   折る、贈る。

  折形デザイン研究所 *企画*折形制作*監修
  山口美登利 *デザイン、島隆志 *写真撮影
  高橋みどり *スタイリング
  桐山律子 *イラストレーション、小松奈奈 *図版制作
  ラトルズ
  2003.11 初版 / 23×18.5 / 120p
  ソフトカバー
  [ 商品番号 N゜kf44-o-d-2 ]


 ¥900          

 状態は…◎good〜○good
  カバー・帯(のようにかかっている二重の部分)表面に
  少し擦れ・下端に少し皺、ページ切り口に目立つ擦れ・
  薄ら焼けが見られますが、全体的には経年なりに
  きれいな状態です。カバー付き。





「折形」とは、“室町時代に武家の礼法として確立し、現在まで伝わる贈りものの際の包みの作法”のこと…
その美しい伝統を伝える活動をしてらっしゃる「折形デザイン研究所」が、10例の“折る、贈る。”から生じた“人と人との物語のうつくしい結晶体”を伝えてくれた1冊.:*・゜

紹介されているのは、
羽原粛郎さんが、マルセル・デュシャン氏に贈る、ケトル、
「カノムパン」のお2人が、旅する佐々木尚さんに贈る、焼き立てのパン、
ニコライ・バーグマンさんが、祖国のお母さんに贈る、花束、
勝本みつるさんが、小堀遠州氏に贈る、ガラガラ、
小柳帝さんが、教室の仲間たちに贈る、出産のお祝い、
滝本玲子さん×本好正宏さんの、双方向的贈答模様、
赤木茅さんが、囲碁の先生に贈る、海岸で拾った石、
木村衣有子さんが、京の都の友に贈る、手紙、
土井信子さんが、お子さんたちに贈る、新年を祝う黒豆。

折形が出来上がっていく様子は手元を写した工程写真の他、巻末にも紹介があります。

他、平出隆さんによるエッセイ、
「日々の暮らしの小さな折形」として、箸包みや粉包み、紙幣包み、紙幣と小銭の包み、かいしきの折形も♪

また、熨斗のかたち、うつくしい折形のための作法、「真」「行」「草」贈るこころ三態、折形の歴史、吉凶のお話、日本人と和紙、節句・行事の今昔のお話など、文章も充実です♪

帯がかかっているように見えるカバーにも、この御本ならではの仕掛けがあって洒落ています.:*・゜

どうぞご堪能ください.:*・゜




出版社品切れ または絶版 となっています>2016年12月現在






   礼のかたち  こころには、姿がある。

  折形デザイン研究所 *企画*編集*デザイン
  小澤實 *俳句、島隆志 *写真撮影
  ラトルズ
  2004.1 初版 / 21×15 / 35p
  ソフトカバー
  [ 商品番号 N゜kf44-o-d-1 ]


 ¥800          

 状態は…◎good〜○good
  表紙・裏表紙表面に擦れ・少し小さな汚れや少しくすみ感・
  背の近くに少し皺が見られますが、全体的には経年なりに
  きれいな状態です。





「折形デザイン研究所」が、きよらかな和紙で、心を込めた贈りものを彩る「折形」を、ユニークな歳時記的試みで紹介してくれた小冊子.:*・゜

俳人の小澤實さんが、1月から12月まで...季節を感じながら、時空を超えた十ニ人へと綴ったお手紙と贈りもの、そして「折形」とのコラボレーションです!

贈る人と贈りものの選び方が面白くて、例えば、
世界中の子どもたちに祈りを込めたお年玉を、
ジョン・レノンに古鈴を、
夏目漱石に最中を、
松尾芭蕉に日本酒を、
弥勒菩薩にお匙を、
李白にスコッチウイスキーを... という具合♪ (敬称略)

どうぞご堪能ください.:*・゜




出版社品切れ または絶版 となっています>2016年12月現在






 

暮らしに使える「折形」の本 贈る気持ちを和の形で伝えたい*詳細ページへ

暮らしに使える「折形」の本  贈る気持ちを和の形で伝えたい

山根一城さんが、年中行事や日々の暮らしを彩る折形から、慶事・弔事・お礼の折形まで、バリエーション豊かに紹介…折形の歴史と基本のお話も詳しく、コラムも充実!水引結びも♪使われている和紙のさまざまな美しさもまた、目を楽しませてくれます.:*・゜


⇒[心を込める、ラッピング]の本棚へ

このページのトップへ



Copyright © 2007 eclipse plus All Rights Reserved.