しろいやぎビケット

しろいやぎビケット

フランソワーズ *文*絵
曽野綾子 *訳
水野プロ * 装丁・レイアウト
講談社 / 世界の絵本*アメリカ
昭和46年初版・53年6刷 / 29×23 / 32p
ハードカバー
[ 商品番号 N゜ef15-9 ]

sorry... sold out

ミミという女の子は、一体どうしたというんでしょう?お医者さまからもらったお薬を飲んでも、ちっとも丈夫にならないのです…。
そこでお医者さまは、ミミにやぎのミルクを飲ませることを提案。
ミミのおかあさんは早速、お友達のソフィさんに手紙を書いて、やぎのビケットを送ってくれるよう頼みますが、1つ変わったお願いを付け加えます。それは、ビケットが汽車の中で風邪をひかないように“ちいさな あたたかい うわぎ”を作って欲しいということ。風邪をひいたやぎのミルクでは、ミミの為にならないからです。
手紙を読んだソフィさんは、急いで上着の生地を選びに行って…赤いフランネルの立派な上着を着たビケットの出来上がり!汽車に乗って、ミミのところへ向かいます。ミミは、元気になれるのでしょうか?

「まりーちゃんとひつじのぱたぽん」のシリーズでおなじみのフランソワーズさんの絵本です。
ぽってりとした柔らかな線、きれいではっとするほど優しい色遣い、まあるい薔薇色の頬!眺めていると、やっぱりとても朗らかな気持ちになってきます。
お話も憩いそのもので、優しさと、子どもや動物への愛情溢れるまなざしに満ちていますよ♪

なお、こちらは、2003年に徳間書店より『みみちゃんとヤギのビケット』 というタイトルで復刊されています。

講談社版との違いは、表紙のイラストと訳者、あと、講談社版では右開きなのですが、徳間書店版は左開きとなっています(印象が、びっくりするほど変わりますね!)。また、色の発色が、徳間書店版の方が若干パステル色が強い感じがします。ご参考までに♪

Information

2003年に徳間書店より『みみちゃんとヤギのビケット』 というタイトルで復刊されていますが、いずれも出版社品切れ または絶版 となっています >2018年6月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む