わたしのフランス菓子 プチ・ガトー 加藤久美子
吟味された日本の素材と、のびやかな感性が奏でるパリの香り

わたしのフランス菓子 プチ・ガトー 加藤久美子

大井一範 *撮影
中央公論社 / 暮しの設計215号
1994.1 初版 / 30×21 / 160p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜sf2-215 ]

sorry... sold out

もともと演劇や染色などアーティストとしてご活躍だったという加藤久美子さんは、1982年、“人生をばっさり180度切り替えよう”と渡欧、コルドンブルー製菓上級コース、ルノートル製菓学校での学びを経て、ホテル・ル・ブリストルで修業されます。

帰国後は、1983年より少人数制のお教室「アトリエ・プチ・ガトー」を始められ、同時に3年に渡る短期的なホテル・ル・ブリストルでの修業を続けられる一方、デパートにも出店。
出店当時、“10年早いお菓子”と評されたとのことで、“普通の菓子店では求められない贅沢で丁寧、四季の心豊かさが伝わる、日本のフランス菓子”を求め、宅配でお菓子を届ける会員制のクラブ「プチ・ガトー・倶楽部」を立ち上げられます。

加藤久美子さんは残念ながらお亡くなりになられているようで、著書も弊店ではこちら1册しか確認できていませんが、女性パティシエの先駆者として、その突出したプロ意識や職業意識と併せ、フランスと日本の素材の資質の違いに早くから注目され、アレンジが加えられたお菓子は、“日本の素材とわたしの感性で創り上げたフランス菓子”とおっしゃる通り、今なお学ぶことの多い読み応えのある1册となっています。

レシピのページも、全て丁寧な工程写真付きで、工程ごとに段組みされたとても丁寧な分かりやすいレシピ!
お菓子作りを学びたい人の視点で編まれた、そんなページとなっていて、表紙にお目見えの枇杷とさくらんぼを用いた「タルト・ア・ラ・セイゾン」など、見た目にも美しい独創的な創作菓子から、伝統的なフランス菓子まで、ひと品ひと品思いが込められた文章と共に大切に紹介されています.:*・゜

また、「パリのホテル・ル・ブリストルで身につけ、日本の材料でおいしく作れるよう試行錯誤した、わたしの基本の生地とクリーム」として、パート・サブレ、パータ・フォンセ、パート・ブリゼ、パイ・エクスプレス、ビスキュイ・ジョコンド、ビスキュイ・ジョコンド・ショコラ、シロップ、パータ・ケーク、パータ・シュー、パート・フゥイユテ、クレーム・パティシィエール、クレーム・ダマンド、クレーム・オー・ブール、クレーム・シャンティも、丁寧な工程写真付きで学べます♪他、材料と道具のお話、お菓子の切り方なども♪

下記で紹介されているお菓子を全てご紹介していきますね。
どうぞご堪能ください.:*・゜

  • プチ・ガトー倶楽部で愛され続けているお菓子があります。「おいしい」「また食べたい」、そんなアンコールの声に応えて
    • 季節を告げるお菓子
      • タルト・オー・フレイズ
      • 生姜のチーズムース
      • タルト・ア・ラ・セイゾン
      • ムース・オー・マロン
      • 秋のムース(さつまいもとりんご)
      • りんごのチーズケーキ
      • ジュワイユー
    • 自慢のチョコレート菓子
      • ディリュシュー・オー・フォロマージュ・エ・ショコラ
      • パン・ド・ショコラ
      • ムース・オー・ショコ・バナヌ
    • みんなが集まるパーティに
      • シャン・ド・マルス
      • タルト・オー・シトロン
      • スウェーデン風くるみパイ
      • レ・ジブレ(グレープフルーツ / レモン / キウイ / パイナップル)
  • フランス菓子に使いたい、旬の果物。ちょっとした工夫とひと手間で、その持ち味を上手にひきだすことができます
    • りんご(お手製の「りんごのコンポート」を使って)
      • パぺ・ド・ポム
      • ウィーン風タルト
    • 栗(お手製の「栗のラム酒(ブランデー)漬け」を使って)
      • ディリュシュー・オー・マロン
      • バスク風マロンケーキ
    • いちじく(お手製の「いちじくのワイン煮」を使って)
      • いちじくパイ
    • 洋なし(お手製の「洋なしのワイン煮」を使って)
      • ムース・オー・ポワール
    • アメリカンチェリー(お手製の「チェリーのシロップ煮」を使って)
      • タルト・モンモランスィ
    • さくらんぼ
      • さくらんぼのパニエ
  • 歴史を経て伝えられた、昔ながらのフランス菓子は、フランス人ならではの感性とユニークな発想に溢れています
    • フランスの香りあふれる
      • サヴァラン
      • ミルフゥィユ
      • ケーク
      • クレープ・オー・ポム
    • 伝えていきたい大切なフランス菓子
      • サントノレ  
      • コンヴェルサシォン
      • コンコルド
      • ガトー・デュ・ロワ
      • カラメリゼ・ア・ロランジュ

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年6月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む