住む。

「住む。」は、家を建てて住むということ、日々を暮らしていくということに真摯に向き合いながら、素敵な住まいの実例、日々を豊かにしてくれるさまざまなアイデアを紹介…2002年に創刊された、住宅建築専門誌+暮らしの雑誌です♪

住まいは建てたから“完成”ではなく、住み手が育んでいくもの…雑誌名の『住む。』が半分に欠けた句点を用いているのには、そんな思いが込められているそうです.:*・゜

創刊号にある“長い必要と、長い好みと、長い寿命に応えてくれる家づくり”は、一生に何回も機会が持てる訳ではない“家を建てる”において、必須でありながら、とても難しいことなのかもしれませんが、あ、こんなアイデアいいな!に出逢えそうなさまざまな視点からのアプローチが満載です!

“これから家を建てる人は、ぜひ読んでほしい。すでに家を建てた人にも、ぜひ読んでほしい。”…そんな願いも込められた雑誌です。 どうぞご堪能ください.:*・゜

こんな連載がありました♪

  • Made in Poetry 長田弘さん *詩 1~
  • いま、森のなかで 細川剛さん *写真と文 1~8
  • 暮らしの絵日記 大橋歩さん *絵と文 1~
  • 僕の生活散歩  三谷龍二さん *文と絵 1~
  • 自然の力を借りた、手の仕事 渡辺征治さん *文 1~8
  • エネルギー探偵の時事談義 槌屋治紀さん *文  1~
  • 長谷川尭の建築学校  1~8
  • 木製品の向こう側に 浜田久美子さん *文  1~4
  • センス・オブ・プロポーション  畦上圭子さん *文  1~
  • 家をつくるなら、近くの山の木で 1~
  • 「美しいものってなんだろう」 赤木明登さん *文 2~
  • 小さな王国 松山巌さん *文 2~
  • 聞き書き・棟梁の木の家づくり 4~
  • どこかにある 原研哉さん *文   5~
  • River Side Story 細川剛さん *写真と文 10~

住む。 #1 正直な家

住む #1 正直な家

農山漁村文化協会
2002.5 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-1 ]

sorry... sold out
  • 正直な家
    • 建築家 アントニン・レーモンドに学ぶ「住まいの基本」
      • 軽井沢「新スタジオ」を訪ねて 建築家・中村好文*文と絵
      • 新スタジオと共に。 北澤興一*文
      • 音楽家の小さな家、半世紀が過ぎて。「カニングハム邸」
      • ノエミ・レーモンド 美しいもの、生きとし生けるものを愛して。
    • 実例 「普通」で美しい家に住む。
      • 斜面に建つ、眺めのいい家。
      • 自然の恵みと共にある家。
      • 都市の暮らしを楽しむ4層の家。
    • 木の声が聞こえる、ジョージ・ナカシマの家具。
  • わが家のゴミをどうするか。
    • 循環は台所から始まる。
  • 家をつくるなら、近くの山の木で。
    • 森林の仕事 樹から木へ 大工の技
    • 近くの山の木で家をつくりたい人のためのガイド
    • 国産材の木の家は高いのだろうか? 長谷川敬*文
  • 家物語 暮らす喜びに満ちた、山里の一軒家
  • 創刊特別企画対談 「21世紀に家をつくるということ」 松山巖+野沢正光
  • 私の住まい観 青木奈緒、原研哉

住む。 #4 「食」は家にあり。

住む #4 「食」は家にあり。

農山漁村文化協会
2003.2 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-4 ]

sorry... sold out
  • 「食」は家にあり
    • 山里の食卓、朝・昼・晩。 赤木智子
    • わが家の真ん中に、つくる場、食べる場。
    • 私的・キッチン作りレポート。
    • 台所は、水の場・火の場・保存の場。「伝承食工房・とうがらし」
    • 建築家・中村好文がアトリエの台所でつくる昼ごはん
    • お茶の時間に。 高橋みどり*スタイリング
    • 自然と寄り添う、ふだん食。庭先の畑と、台所の知恵 宮城県宮崎町「食の博物館」にて 渡辺征治*文
    • 聞き書き・保存の知恵
  • 冬に備える。
    • 太陽の温室。
    • 雪を味方に、北海道に暮らす。
    • 断熱材は、どうするか。 野池政宏*文
    • selection 薪ストーブ
  • ヨーガンレールのふろしき賛歌
  • 特別企画 家の使い方 模様替え30年記 植田実*文

住む。 #5 「手」の仕事、「時間」の力。

住む #5 「手」の仕事、「時間」の力。

農山漁村文化協会
2003.5 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-5 ]

sorry... sold out
  • 「手」の仕事、「時間」の力。
    • 実例 家を育てる、「手」と「時間」。
      • 古い家の記憶を遺した、新しい家
      • 手間を楽しむ、自己流普請
    • 陶芸家・島るり子さんの手から生まれるもの。
    • デンマークの静かな家、丁寧な暮らし。
      • 暮らしに合わせて自分の手で繕い続ける、街の家と島の家。
      • かつては画家が暮らした古い家に、自分らしく暮らす。
      • 海に面した古い漁師の家を、楽しく美しく住みこなす。
    • 自分でできるエコリフォーム&メンテナンス 落合伸光(家づくり工房)*指導
      • 貝殻の塗料でビニールクロスを塗る
      • 押し入れの内側の仕上げを変える
      • 紙クロスの壁に和紙を重ねる
      • 古いテーブルを生き返らせる、他
    • ボロの、子供服。―適わぬ美 坂田敏子*文
    • 繕う人・かけはぎ職人、小林靖夫
  • 小布施の町で、いま。だるま窯で焼く瓦への挑戦 加藤薫*文
  • ブルーノ・タウト 「旅人」の運命を生きた建築家 山口由美*文
  • 現代「折形」考 春、貝を贈る。山口信博+折形デザイン研究所*文
  • selection 木の小箱

住む。 #6 涼しく暮らす。

住む #6 涼しく暮らす。

農山漁村文化協会
2003.8 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-6 ]

sorry... sold out
  • 涼しく暮らす。
    • 住宅実例
      • 風を招く、人が集う、京町家の通り土間。
      • 心地いい風の抜ける、高台の家。
      • 眺めのよい山里に再生した、小屋の居心地。
    • 実用講座 涼しい家のつくり方・暮らし方 25の基本
    • selection 夏の午睡に、肌ざわりのよい布。/ 竹の笊・籠
  • 集まって住む、ということ。
    • エコに集う仲間、風通しのいいコミュニティ。 コーポラティブ・ハウス「きなりの家」 中村数子*文
    • 自然に包まれ、生涯、自由に、共同生活を営む。 真鶴共生舎〈木の家〉 加藤薫*文
  • エコ住宅ウォッチング・葉山体感館の試み
  • 町へ。奈良県大宇陀、御所 喜多章*写真*文
  • 土佐の材、土佐の技で、今も昔も変わらずつくる。 山本長水*設計

住む。 #7 「耕す」家。

住む #7 「耕す」家。

農山漁村文化協会
2003.11 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-7 ]

shopへ行く
  • 「耕す」家。
    • 住宅実例
      • 週末の田園住宅。 設計・中村好文
      • 2階の畑を耕す。 設計・永田昌民
      • 里山の自給菜園 設計・長谷川敬
    • 週末、農を楽しむ人々。
    • 街なかの水田を、耕して守る。
    • 実用講座 ベランダ畑で有機野菜づくり 加藤哲郎*解説
  • ふたたび、自然素材。
    • 木、紙、漆喰を使って、古い農家を仕事場に。 竹内典子*文
    • 自然素材の家に住んで、10年。 村松篤*設計
    • 素足に気持ちいい、無垢の木の床。
    • 自然素材派工務店71社に聞きました。「どんな素材で家を建てていますか?」
  • トーマス・グラバー&倉場富三郎 グラバー邸が見つめた父と子の光と影 山口由美*文と写真
  • レンテンの布を、自在に。 坂田敏子*制作
  • 作り手たちを巡る「灰」 萩原千春*文

住む。 #8 だから、小さな家。

住む #8 だから、小さな家。

農山漁村文化協会
2004.2 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-8 ]

shopへ行く
  • だから、小さな家。
    • 住宅実例
      • 家族5人、52平米の団地暮らし。
      • 里山の小さな家の日々。
      • 好きな町で、古い借家に住む。
    • 建築家・中村好文の「小さな家の極意」
  • 特別企画 小屋へ
    • 小屋は生きている。
      • 青森・津軽小屋街道 竹内敏子*文
      • 週末農業を楽しむ小屋
      • 伝統構法の小屋づくり顛末記
  • 実用講座 高橋みどりと考える シンプルな暮らしのための整理術
  • 国産ペレットストーブは、いま。親子で考える自然エネルギー・木質バイオマス 渡辺征治*文*写真
  • イラスト・ルポ 手技の割り肌、木曾のへぎ板づくり 市川興一*イラスト
  • selection 誰もが使いたくなるユニバーサルデザイングッズ

住む #10 古い家に、暮らすとき。

住む #10 古い家に、暮らすとき。

農山漁村文化協会
2004.8 / 28.5×21.5 / 176p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-10 ]

sorry... sold out
  • 古い家に、暮らすとき。
    • 住宅実例
      • 懐かしい海辺の家。
      • 築50年の借家を、改造して住み継ぐ人々。
      • ありふれた中古住宅を素にしてから、愉しむ。
  • 小さな庭と家
    • 緑とともに、新しい家へ引っ越す。
    • 軒先から始まる、まちの緑化。
    • 子規庵の庭で
  • 土の力でつくる、緑の家。
  • 特別企画 パリ、下町暮らし パリ右岸、バスチーユ界隈 坂本守、藤井みちる
  • selection 洗濯道具
  • 「建築家の流儀」誌上展 中村好文 仕事の周辺
  • 蘇った、木造校舎。
  • 手仕事を聞く 自在につくる「江戸すだれ」

住む。 NO.27 集合住宅に住む。

住む。 NO.27 集合住宅に住む。

農山漁村文化協会
2008.11 / 28.5×21.5 / 160p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-27 ]

shopへ行く
  • 集合住宅に住む。
    • 団地仲間三軒、それぞれの住み方。
    • ぐるっとまわれるワンルームに、親子三人暮らし。
    • 自然素材でDIY改修。
    • 大きな家族「エコヴィレッジ」
    • よみがえった、大正時代の学生寮。
    • 団地新聞
    • …集合住宅歴史館を訪ねて/野沢正光インタビュー・団地再生のすすめ/多摩ニュータウンのカフェで/30年後の郊外団地に育ったもの/「団地族」の暮らしを再現/2DKを住みこなす家具
  • いま、デンマークへ
    • 画家ハンマースホイが描く「静謐」に出逢う旅
    • デンマークの名作椅子 木を生かす、必然のデザインと「手」。
    • デンマークの照明 灯さなくても美しいかたち、静かな灯り。
  • 今和次郎 日本の民家再訪 第二回 小屋の発見 広島から出雲の間で

住む。 NO.48 日本の生活道具 / 平屋のすすめ

住む。 NO.48 日本の生活道具 / 平屋のすすめ

農山漁村文化協会
2014.2 / 28.5×21.5 / 160p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜kf63-48 ]

shopへ行く
  • 日本の生活道具
    • 産地がつくる、人がつくる、道具。
      • 岩手県水沢の鋳物/石川県山中の挽きもの/長崎県波佐見の陶磁器/調理道具/うつわ/カトラリー/櫃と膳/掃除道具/文具
    • 歩いて探そう、高岡のものづくり
    • 小泉誠インタビュー 産地が生きる、デザインが生きる
  • 平屋のすすめ
    • ひとつ屋根の下、おおらかに暮らす。長谷守保*設計
    • 見え隠れしながらつながる平屋の暮らし。岸本和彦*設計
    • 六十代夫婦の「これからの家」。松浪光倫*設計
    • のびやかに、野へ森へ続く。アトリエデフ*設計
    • 奈良・長屋物語 昭和初期の長屋を住み継ぐ。
  • 特別企画 町を歩こう、森へ行こう。いま、飛騨と日田の森のそばで起きていること。

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ
    

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む