アリスのクッキング・ブック

アリスのクッキング・ブック

入江麻木 *お料理とティー・パーティーのお話
岸田理生 *エッセイと翻訳
ジョン・テニエル *絵
新書館
1978.9 初版 / 17×16 / 143p
ソフトカバー
[ 商品番号 N゜ef3-112 ]

shopへ行く

Alice の物語には美味しそうな ( ! ? )食べ物がたくさん登場しますよね!
“ Drink me ”と書かれた瓶に入った、なんともいえず美味しそうな味の飲み物の描写… “ほんとにそれは、桜んぼタート、カスタード、パイナップル、七面鳥のローストしたてのお肉、タフィ、そしてアツアツのバター・トーストをまぜたみたいな味でした ”…なんかで、Alice の物語に はまってしまった方も多いのではと思います。

この本は、Alice の物語が大好きで、食べることも大好き!そして創ることとなるともっと大好き!なレディーの為の、とても品の良いクッキング・ブックです。

「ガーデン・ティー・パーティ」「雨の日のティー・タイム」「ティー・タイム・ゲーム」「お菓子の部屋」「お料理タイム」とカテゴリー別に紹介されているのは、岸田理生さんの Alice についてのエッセイや、料理研究家としても、また1人の女性としても、とても素敵なレディーである入江麻木さんが優しく語りかけるように教えてくれる、ご自身が体験されたパーティーのお話、パーティーにおけるマナーについてのお話、そしてお待ちかね! Alice の物語よりインスピレーションを得たレシピ♪

[鏡の国のミルク][ハートのクィーン ジャムタルト][「私を食べて」ケーキ][小石のおかし][吸取紙のおかし][糖蜜井戸のパイ]など、レシピのネーミングは眺めているだけでも楽しくなってしまいます♪

また、やはり入江麻木さんのレシピということで、‘キセリ―Russian gruel―西洋風くず湯のようなお飲み物’など、ロシア風のものが見受けられるのも特徴でしょうか。

バリエーションも豊かなレシピの説明はとっても丁寧で、ほんわかとしたタッチで手順のイラストなんかも添えられています。
もちろんカラーも含めテニエル氏のイラストもふんだんで、Alice の物語からの引用もちりばめられていたりと、読み物としても充実の、とても楽しい1册となっていますよ☆

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年7月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む