9月の情景 メルヘン・リーフ1

9月の情景 メルヘン・リーフ1

大島弓子 *著
小学館 / メルヘン・リーフ1
昭和52年12月初版 / 13×10 / 39p
ハードカバー
[ 商品番号 N゜ef1-2 ]

shopへ行く

9月、10月、11月と3章にわたり、秋へと移りゆく‘時’の情景が、大島弓子さんのカラーイラストと詩で美しく彩られた幻の詩画集(小学館メルヘン・リーフシリーズの1册*とってもちいさな本*です)。

例えばこんな詩があります。

  • 吉日
    • きょうはよい日でした
    • あの人がわたしをみて
    • ほほえんだからです
    • おかしな事言って笑った顔は
    • 見慣れていたのだけれど
    • 今日は何の意味もなく
    • 何もいわず
    • ほほえんだのですから

…もう一気に大島弓子さんの世界へ跳んでしまいますよね!

なお、このメルヘン・リーフシリーズはカバーがとても凝っていて、まず表紙カバー見返しに 大島弓子さんの詩、そして裏表紙カバー見返しにはこんな言葉が添えられています。
“メルヘン・リーフは、人気まんが家のイラストと詩で あなたの真心を伝える愛の贈り物絵本です。左の点線よりこの部分を切りとり、カバーを裏返して、お友だちへのプレゼントにどうぞ。”

つまり、カバーの裏側を表にして宛名を書き入れ、心を同じくするお友だち(腹心の友 (c)赤毛のアン)に贈ってくださいな、というしかけ。

また、カバーの裏には大島さんのイラストと共にジード『狭き門』からの引用…<わたしは、恋とも何とも名をつけずに 自分でも恋しているとは知らずに、あの人を愛していたいと思う。とりわけあの人に知られずに、愛していたいと思う。>が乙女ちっくにゆかしく飾られていて!

シリーズのコンセプトも内容も、もう70年代バンザイ!!という気持ちでいっぱいになる1册です…☆

Information

出版社品切れ または絶版 となっています >2018年6月現在

Menu

食 food
暮らし life
エトセトラ etc
料理、食にまつわる雑誌バックナンバー 暮らしの雑誌バックナンバー 特集の本棚index 著者別本棚index
お家で眠っている本たちお譲りください ご連絡のとれないお客さまへ

Blog

ブログ「Proof of the pudding」へ

「カフェエイト」さん *著
『VEGE BOOK 3』から…ゴールデンデリシャスと赤ワインのジェラートを作ってみました♪

続きを読む