暮しの手帖 第1世紀 62号

kf2-1c-62

暮しの手帖 第1世紀 62号

(kf2-1c-62)
  • 出版社 : 暮しの手帖社
    大橋鎮子 *編集及発行者
    花森安治 *表紙*装画
    幸田侑三*装画
    昭和36年12月 / 26×18.5 / 232p
    ソフトカバー
¥1,500(税込)
数量
  • 商品詳細

¥1500       

状態は…○good~△not good

背の上下端に最大5センチほどの破れや剥がれがあり、上からマスキングテープで補修させていただいております。背に経年の痛み・黒マジックやボールペンで内容についての書き込みがあります。
表面に擦れ・経年の焼け・数か所少し汚れ・多少のくすみ感・角や端に所々少し痛みや少し折れ癖や擦れたような痛み、表紙上端と左上角・裏表紙上端に最大5ミリ幅ほどの変色が見られます。
ページ切り口に経年の目立つ焼け・多少のシミ・少し汚れ、ページ端にかけて経年の焼け、数ページ角に少し折れ癖、2ページに少し汚れが見られますが、ページ内は全体的には経年なりに良い状態です。
なお、2ページ(1枚)上端に裁断ミスが見られますので、どうぞご了承ください(本文をご覧いただくのに支障はないです)。
昭和36年12月


* shop 本棚へ

暮しの手帖社の本たち

暮らしの雑誌


* bookroom へ

詳しくは、bookroom でご紹介しています!